FILM

  • ALL.2011-2012 - AW
  • 01.COLLECTION
  • 02.INTERVIEW
  • 03.SHORT FILM
  • 04.OTHERS
MIKIOSAKABE 「染めと織り」

坂部 三樹郎
2006年アントワープ王立芸術アカデミーファッション科首席卒業。'07-'08 A/Wコレクションをパリコレクションにプレゼンテーションという形で公式参加。'08 S/S コレクションから東京とパリで発表。
シュエ ジェンファン
台湾出身。 ベルギー・ブリュッセルのアートスクール、ラ・カンブル在学時に坂部と出会い、一緒に「MIKIO SAKABE」を立ち上げるため来日。
www.mikiosakabe.com

BRAND PROFILE

Q:デザイナーとして日本の産地やものづくりに対して感じることは?

日本の技術力は世界に通用するハイレベルなものがあるものの、後継者問題やファストファッションの流れにより徐々に衰退しつつあるのが今の現状だと思ってます。その技術力を失うということは日本のファッション業界にとっても大きなダメージになると思います。

Q:今回のコレクションで、ものづくりや技術的な面でこだわったことは?

本来は手間の掛かるようなほつれまで織りで表現してもらい、着ていくうちに どんどんほつれが進行するが、それそのものがデザインとして成り立つように工夫した部分。そして着心地や軽さなど、実用性ももちろん考慮してつくりました。

FILM DTRECTOR PROFILE

映像作家
山崎 連基
プロフェッショナルを内ポケットに仕舞み。アマチュアリズム型D.I.Y精神をベースに映像をコンポジット。基本スタンスはマルチレンダラー。主な仕事に「でんぱ組.inc/Future Diver」 MV「YAPAN/Chine Talker」MVなど。
www.renki.jp

MESSAGE FROM FILM DIRECTOR

日本ファッション業界には伝統的な技術や人材が若い才能に対して、クリエイティブの源泉となり様々な形でサポートを行っている実情を知りました。日本ならではの、ものづくりの力が他者の評価ではなく、活動や行為、方向性への柔軟な理解力によって共有されている点も興味深いです。

RELATIVE FILES

  • a

    MIKIO SAKABE

    01.COLLECTION2011-2012 A/W